FEATURE

ラジオCMの特徴

ラジオCMの特徴

ラジオCMとは

ラジオCMの特性や活用事例をご紹介

音声のみによって情報を伝える特殊なコミュニケーションツールであるラジオ媒体の特徴をご紹介。
ラジオCMを利用し、商品やサービスの情報を多くのリスナーに効果的に伝える事例もご紹介します。

MERIT

ラジオCMのメリット

テレビ、新聞、雑誌と並んで4大マスメディアの1つに数えられるラジオ。
通勤通学の車や営業車の中、オフィスや工場・店舗・自宅など、聞いている人は毎日聞いているのがラジオの特徴です。
番組パーソナリティーとリスナーとの距離が近いパーソナルメディアであるラジオから流れてくるコマーシャルは、
リスナーにとってより身近な情報として受け取られます。
コストパフォーマンスにも優れ、費用対効果の高い広告媒体となります。

FEATURE

ラジオCMの9つの特徴

  • 01

    様々な広告展開

    スポットCMや番組提供など目的に合わせた広告展開の他、中継や番組出演、長尺の説明型CMなど柔軟な広告展開が可能です。

  • 02

    コストパフォーマンス

    他広告媒体に比べても比較的安価な費用のため優れたコストパフォーマンスを実現します。

  • 03

    刷り込み

    習慣メディアの特性をいかし、リスナーに対してCMを刷り込むことが可能です。

  • 04

    親近感

    双方向性のメディアでリスナーとパーソナリティーとの距離が近いメディアのため、広告に対しての親近感を醸成します。

  • 05

    固定ファンへの訴求

    テレビと違いチャンネルのザッピングが少ないため、同一リスナーに対し繰り返しCMを訴求することが可能です。

  • 06

    リアルタイム

    車を運転するときの交通情報。タイムリーなニュース。災害・震災時には頼れる情報源。そんなラジオからの情報としてリスナーに届きます。

  • 07

    狙いを絞ったセグメント

    ラジオ局や番組の特性を生かし、エリアやターゲットをセグメントした展開が可能です。

  • 08

    ながら聴き

    いつでも、どこでも、「~しながら」。何か別のことをしながらでもCMを耳にします。

  • 09

    信頼度の向上

    公共の電波を通して企業、商品、サービスのCMが放送されることにより、目に見えない「信頼」が生み出されます。

EFFECTIVE

ラジオCMの効果

  • イメージャリー・トランスファー効果

    他媒体と連携して相乗効果を出せる
    (イメージャリー・トランスファー効果)

    ある広告で記憶されたあるイメージを、別の広告を見たり聞いたりした時に思い出す効果のこと。特に音声だけのラジオCMを聴いた時に、テレビCMなど他のメディアの広告を思い出すことによって、その広告に相乗効果が生まれます。

  • リーセンシー効果

    購買時など直前の行動にアプローチ出来る
    (リーセンシー効果)

    直前に見たり聞いたりした広告が消費者の購買活動に影響を与える効果のこと。「買い物へ行く途中のクルマの中で偶然聞いたCMの商品に興味を持って、思わずお店で買ってしまった」といったように、購買直前のターゲットに接触することにより、その行動に大きな影響を与えます。

  • 押し上げ効果

    他媒体での広告をより認知させられる
    (押し上げ効果)

    単体の媒体での広告展開より、複数の広告媒体を利用した方が商品やサービスの認知度が通常より上昇するという効果のこと。
    テレビCMや雑誌広告だけではなく、あわせてラジオCMも放送することにより、その商品やサービスの認知度は飛躍的に上がることになります。

USE CASE

ラジオCMの活用例

ラジオCMのパターン別の効果的な活用例をご紹介

  • 01社名やサービスを覚えてもらいたい

    交通情報や天気予報などの番組をスポンサードすることにより、毎日決まった時間に社名やサービス内容を放送し、長期スパンでリスナーにじわじわと浸透します。

    CM展開イメージ

    • 交通情報 提供(月~金曜日)

    • 20秒CM+提供クレジット × 約21本:1ヵ月

    このケースでの効果

    困ったな、買いたいなと思った時、一番最初にその社名やサービスが頭の中に浮かびます。リスナーのファーストチョイスに!

  • 02キャンペーンや新商品・新サービスの告知

    キャンペーンの前後や新商品発売日の前後、イベント告知などに、期間を絞ってスポットCMを集中投下します。

    CM展開イメージ

    • 20秒スポットCM × 50本

    このケースでの効果

    キャンペーン内容や新商品、新サービス、イベント内容などが多くのリスナーに認知されます。

  • 03予算をおさえて土日に集客

    土日の集客に向け、毎週金・土・日曜日だけにCMを流します。

    CM展開イメージ

    • 20秒スポットCM × 3本 × 約4週 = 約12本

    このケースでの効果

    店舗や施設への誘因に大きく貢献します。

  • 04長尺生CMによる説得型CM

    リスナーから絶大な信頼を得ているパーソナリティに、商品やサービスを詳しくPRしてもらうことにより効果的な訴求が可能です。

    CM展開イメージ

    • 長尺60秒生CM × 4本

    このケースでの効果

    詳細な説明による安心感と、パーソナリティが持つ信頼感により、その商品やサービスも信頼されます。

CASE STUDY

実際の事例を見てみる

ABOUT

ラジオCMとは