STATION

J-WAVE(81.3MHz)

J-WAVE

TUNE INTO THE FUTURE

  • 20代・30代の男女に圧倒的人気をもつ番組構成

  • 国内外の最新音楽を放送

エリア

東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城

FEATURE

J-WAVEの特徴

  • 01

    20代・30代の男女に人気

    東京スカイツリーから送信され、首都圏を聴取エリアとするJ-WAVEは、20代・30代の男女から支持されるFM放送局です。

  • 02

    JFLで日本の5大都市をカバー

    J-WAVEが加盟するFM局のネットワークJFL(Japan Fm League)により、日本全国の5大都市である東京、札幌、名古屋、大阪、福岡をカバーできます。「音楽」という共通コンセプトのもと、独自の番組編成を持つネットワークです。

  • 03

    数値化できないセンスがJ-WAVEの強さ

    J-WAVEとリスナーは、年齢や性別ではなく「センス」を共有できる番組と未来を共創していきます。感性でリスナーと繋がる共創メディアというメッセージが特徴です。

RECOMMEND

J-WAVEのオススメ番組紹介

※2019年11月現在の情報です。
番組は変更・終了していることがあります。
  • 『TOKIO HOT 100』毎週日曜日13:00〜17:00

    J-WAVE開局日の翌日から続く看板番組です。ナビゲーターは、放送開始時からクリス・ペプラーさんが務めています。毎週日曜日に放送される番組内で、J-WAVEのオリジナルランキングをカウントダウン形式で発表。毎月第1日曜日には、六本木ヒルズけやき坂にあるサテライトスタジオから公開生放送をしています。毎年1月の最初の放送では、「SLAM JAM(スラムジャム)」と題した、前年の総合年間チャートを発表。長年に渡り愛され続ける番組です。

  • 『JAM THE WORLD』毎週月曜〜木曜19:00〜21:00

    番組名は初代ナビゲーターのモーリー・ロバートソンさんが命名。ニュース・報道を中心に据えた時事解説番組です。 日本のFMラジオ局の夜の時間帯は音楽放送をメインとする番組が多い中、異例ともいえる番組。 開始当初の番組コンセプトは「ニュースを読み取る感性を伝える情報プログラム」。2017年10月のリニューアル後が「ニュースを通して時代への感性を豊かにする情報プログラム」。いま気になるニュース・時代の動きを掘り下げることをテーマに進行していきます。

VIEWING AREA

J-WAVEの聴取範囲

聴取エリア

東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城

J-WAVE聴取範囲イメージ
PRICE / PLAN

J-WAVEのCM料金目安

  • スポットCM料金(20秒CM単価)

    ラジオのCM形態において基本となる20秒CMを
    1本放送する場合に必要な単価金額。

    ラジオCMは1本単位からのご提案が可能です。

    70,000円台~/本

  • 交通情報提供料金(20秒CM+提供クレジット)

    交通情報の提供(月~金曜日ベルト放送)に必要な月額費用。
    月~金曜日、毎日1回交通情報内で20秒CM+提供クレジットを放送。
    1ヵ月で約21回放送。

    1,800,000円前後~/月額

※料金はあくまでも目安となります。
※放送時間帯・本数・期間・総予算・実績・業種などにより変動しますのでご相談ください。
J-WAVEに関しての詳細な料金やご不明点に付きましては、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせ下さい。

TEL048-240-3660

【営業時間】10:00〜19:00(土日祝日除く)

DATA

J-WAVEの詳細データ

会社名

株式会社J-WAVE

開 局

1988年10月1日

所在地

〒106-6188 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー33F

コールサイン

JOAV-FM

周波数・出力

81.3MHz・7kW